• 芸術
  • 祈り
  • 産業
  • 大地

7市町のひかりの実

一人ひとりの笑顔でつなぐ『7市町のひかりの実』

開催期間 2021.07.03~2022.01.16
開催場所 圏域各所
ジャンル

「ひかりの実」は、アーティストの髙橋匡太さんが考えた、参加型アートプロジェクトです。
『7市町のひかりの実』では、山口ゆめ回廊博覧会の圏域7市町が協力して「ひかりの実」を作り、美しいイルミネーションの夜景を作ります。ひとりの力ではできないけれど、みんなで協力すれば、大きなあたたかい夜景を作ることができます。人と人とのつながりを持つことが難しい今、みんなで「ひかりの実」を作ることで7つの市町がつながります。このプロジェクトに参加して、髙橋匡太さんと一緒に、7市町のみんなと力を合わせて、たくさんの「えがお」が輝く1つの夜景を作り出しましょう!

スケジュール

7月3日(土)、4日(日)
『7市町のひかりの実』キックオフワークショップ
(山口ゆめ回廊博覧会オープニングイベント『こんにちは、ゆめはく!』内)
開催時間:10:00-15:00
開催場所:新山口駅北口 KDDI維新ホール

8月頃〜11月頃
『7市町のひかりの実』ワークショップ
開催場所:圏域各所で随時開催

12月25日(土)夕方〜1月16日(日)
『7市町のひかりの実』展示
開催場所:ときわ公園(宇部市)ほか

髙橋匡太アーティスト
光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など幅広く国内外で活動をおこなっている。東京駅100周年記念ライトアップ、京都市京セラ美術館、十和田市現代美術館など光により建築空間をイメージに取り込みダイナミックな作品を作り出す。
《ひかりの実》参加型イルミネーション作品
アーティスト髙橋匡太による笑顔を大切にしたいという思いから始まった、参加型のイルミネーション作品。果実袋に笑顔のイラストを描き、中にLEDの小さな光を入れ、樹木に取り付けて飾る。
一人ひとりが参加することによって、みんなの笑顔が夜景を作るあたたかな作品。

Photo: 村上美都/Murakami Mito

アクセス・マップ

イベント情報

イベント名

7市町のひかりの実

開催期間

2021年07月03日(土)~2022年01月16日(日)

開催場所

圏域各所 ※随時、情報を更新いたします