• 芸術
  • 祈り
  • 産業
  • 大地

TOKIWAファンタジア2021

夜の遊園地がメディアアートの美術館に!

開催期間 2021.11.28~2022.01.16※ 12月31日、1月1日は休園
開催場所 ときわ遊園地 (宇部市)
ジャンル

市民参加型のイルミネーションイベント『TOKIWAファンタジア』に、ダイナミックな仕掛けのプロジェクションマッピング、美しく光輝くイルミーネーション、プログラミングを駆使したインタラクティブな作品など、全国で活躍するアーティストの作品を加え、さらに魅力を増したアートな空間で、ときわ公園の冬を彩ります。
TOKIWAファンタジア Webサイト

[参加アーティスト]
■穴井佑樹1987年生まれ。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了。自然の持つメディアとしての力を表現した作品づくりをおこなう。主な作品として、雨をテーマにした作品『in the rain 』(2017)や、横浜がかつて海だった頃の景色を標榜する『A Seashore』(2015)、星と人々の記憶をテーマにした『Stardust Memories』(2018)などがある。https://sorauta.net

 

■中崎 透
1976年生まれ。美術家。現在、茨城県水戸市を拠点に活動。看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している。2006年末より「Nadegata Instant Party」を結成し、ユニットとしても活動。2007年末より「遊戯室 (中崎 透+遠藤 水城)」を設立し、運営に携わる。2011年より『プロジェクトFUKUSHIMA!』に参加、主に美術部門のディレクションを担当。
https://tohru51.exblog.jp

 

■中山晃子
photo by Haruka Akagi

画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く『Alive Painting』というパフォーマンスをおこなう。あらゆる現象や現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。さまざまなメディウムや色彩が渾然となり変化していく作品は、即興的な詩のようでもある。近年では『MUTEK Montreal』などにも出演。

http://akiko.co.jp/akikoweb/top.html

 

■MES
photo by Ayaka Endo

新井 健と谷川 果菜絵が2015年に結成したアーティスト・ユニット。レーザーや仮設資材を多用し、クラブカルチャーと現代美術の接触を試みるなど、マージナルな位置から社会を観測する作品を展開する。近年の活動に 『DISTANCE OF RESISTANCE / 抵抗の距離』(個展)、『Reborn Art Festival 2021夏』、『Media Ambition Tokyo2021』など。
http://mesmesmes.asia

 

■指輪ホテル
羊屋白玉が劇作と演出、ときどき俳優をつとめるシアターコレクティヴ。 2001年ニューヨーク同時多発テロのさなか、ニューヨークと東京をブロードバンドで繋いだ同時上演以降、北米、ヨーロッパ、南米などでのツアーが続く。国内では札幌国際芸術祭や瀬戸内国際芸術祭など、都市や自然の中で、その土地の人たちと恊働し、サイトスペシフィックな作品を手がけ、人や物や土地の、目に見えない境界などに関するテーマの取組を演劇を通して生成している。
戯曲・演出:羊屋白玉
音楽:SKANK/スカンク
美術:サカタアキコ
映像:高橋啓祐
照明:糸山義則

アクセス・マップ

お車でお越しの方

[広島方面から]
山口宇部道路『宇部南IC』から約5分

[福岡方面から]
山口宇部道路『宇部南IC』から約5分

電車でお越しの方

JR宇部線『常盤駅』から徒歩約15分

バスでお越しの方

JR新山口駅から:
宇部市交通局『ときわ公園入口』バス停から徒歩約10分

JR宇部新川駅から:
宇部市交通局『ときわ公園』バス停から徒歩約5分

イベント情報

イベント名

TOKIWAファンタジア2021

開催期間

2021年11月28日(日)~2022年1月16日(日)

開催時間

18:00〜21:30 (17:30開場)

開催場所

ときわ遊園地
宇部市則貞3-4-1

事前申込

不要

料金

前売り:500円
当日:700円
パスポート:1,000円
チケット購入はこちら

駐車場

あり (約1,400台)
有料

バリアフリー対応(車椅子)

あり

問い合わせ先

宇部市 観光・グローバル推進課
[TEL]0836-34-8353
[E-mail]kanko@city.ube.yamaguchi.jp